外国為替を利用したお金の円安時の資産運用の一般的なポイントなどを今の日本の状況から書いてみました。

ここがポイント!お金と資産と外国為替
ここがポイント!お金と資産と外国為替

お金と資産と外国為替

今の時期ほど個人において外国為替がお金に対して重要になっている時期はないと思います。
歴史的なデフレと円高だった日本が、今年に入ってからは、転換してアベノミクスや株高、円安、国内企業の業績の回復の兆しなど、激変の年になりつつあります。
そうなってくると低金利の預金しかできなかった資産が大きな流れとして動き出すということになると思います。
特に個人の資産家などは、このチャンスに株などで大きく儲けているという話を聞きます。
株も上がるということは買う人がいるから上がるので、個人ばかりではないでしょうが、多くの人達が国内外で買っているということは確かだと思います。
他にも不動産などの投資の話もたくさん出ていますし、株でも不動産関連の株や投資信託はすごい人気ですね。

しかし、よくよくそのお金の流れをみてみると、株でも国内の機関投資家は売っていて、それを外国人の投資家たちと日本の個人投資家が買っているという構図だそうです。

どうもアベノミクスに疑心暗鬼ということでしょう。それに国の財政の状況を見ても安心出来ませんし、貿易収支を見ても赤字が続きだしています。
このような場合は、一概に国内の投資ばかりをしていると、資産を失うこともあるかもしれません。やはり円安になるという予想はこれからも続くと思いますので、外国為替を利用しての資産保全や、うまく行けば為替利益を狙った投資もできるのではないかと思います。
そのような意味で海外投資は重要な選択肢となっていると思います。

まずは外国為替の勉強をして、どのような投資が向いているのか自分に当てはめてみるのも大切だと思います。
今は資産がなくてもこれから円安にむかうことがわかっていれば、こまめに外貨預金を積み上げていくこともできますし、投資信託も外国関係のものを選んで買いましてゆくこともできます。
またFXなども資産の一部ならば試してみるのも面白いかもしれません。ともかく国内だけの投資の時代ではないとは言えるのではないかと思います。

注目のキーワード

  • 日本葬送儀礼協会で安心の大阪の葬儀社を行いませんか
  • セレナをもっと楽しくするならアルパインのこのカーナビです